(0 votes)

新学期がまた始まりました。ベトナム全国に子供が通学すると共に、ベト味が学生支援活動を行います。プロジェクト実施の場所はベトナムの中部のダックラックのエアスプ、及びフエのランコーです。

今年は学生支援プログラムの4年目です。小学生、中学生、高校生、大学生の55名を支援しました。勉強に努力する優秀な学生たちです。特に、今年は奨学金を受ける大学生が8名もいます。先輩になってもらって、後輩にやる気を伝えるよう活躍してもらうと期待しています。

経済状況や家庭事情を乗り越えて、能力のある学生をを援助するため、給付型奨学金を増加することが決定されました。グレードによって、4つの奨学金レベルがあります。 詳細は以下の通りです。

 ■ 小学生: 5700円/年

 ■  中学生:7150円/年

 ■ 高校生: 8570円/年

 ■ 大学生及び専門学校の学生: 17140円/年

家庭状況の状況の統計データーを述べます。

 ■ 奨学金受給対象の学校: 23校 -

 ■ 経済的な理由により修学に困難がある学生: 38名

 ■ 孤児である学生: 11名

 ■ 両親が病気、不自由、離婚の状況のある学生: 8名

 ■ 不自由、また重い病気をかかる学生: 3名

 ■ 男性学生: 17名

 ■ 女性学生: 38名

困難が多くあっても、学生及び生徒たちの努力がベト味のボランティアのスタッフの動機付けにつながります。スタッフの私たちは文化交流活動またベトナムの文化をプロモーションすることに全力を尽くしています。

人と人の分かち合い、人と人の愛のために生きる」

Betoaji 

 Live to share - Live to love

 

 

 

Last modified on 木曜, 22 9月 2016 17:25
(1 Vote)

 2014年1月から2月までのBETOAJI活動報告

1.  春の木の活動(旧正月の活動)

- 2014年1月17日,BETOAJIと子供基金はEasup省での小中学校の貧乏な学生たちに304テトプレゼントセット(服、帽子,ノート)相当60,800,000VND(34万円、その中子供基金が20万円を寄付した)をあげた。

- この機会に際して、BETOAJIは子供基金とBETOAJIの奨学金をもらっている50人の学生たちとも会った。一学期の奨学金分をもらい、学生たちの成績は:

 50人のうち45人は去年の良い成績を維持することが出来た。 

 2人が勉強せずにゲームなどに没頭したせいで成績を落とした。

 3人がクラスの勉強が難しすぎて、ついていけないので成績を落とした。来学期クラスの皆さんについていけるようになると約束してくれた。

- テトの前に新服を貰えて、皆とても嬉しかったそうである。304人全員が集まってくれた。この日、Easup省の教育課の代表者、地域の学校の責任者、軍事委員会の人も子供たちにプレゼントするために来て下さった。

- この機会に際して、Ly Thi Choさんに自転車一台(1,100,000VND=5千500円)と12,500,000VND(6万円)預金通帳を渡した。Choさんの家庭事情が とても貧しく、Choさん自身も目の病気で片目を失明している。預金通帳は目の治療のためである。

- 将来の計画: プレゼントをあげ、状況を把握した後、ここでの学生たちが靴がないということが分かった。皆が古くて破れそうな靴を履いている。そのため、2014年5月にBETOAJIは2015年度の奨学金給与計画と2015年度の奨学金受領50人学生の成績の考察と同時に、スポンサーを探し500人小学生たちに500速の靴をあげる予定である。

             2014117日-子供たちがプレゼントをもらった写真


 2. 2014223Nghe An県で行われた「第3回ベトナム中部へ向けて」チャリティ活動

- 2013年2月21日、BETOAJIがThanh Tung村、Thanh Chuong 省Nghe An県にやってきて、小中学生たちに500着の厚着、幼稚園の子供たちに200プレゼントセット(タオル、ハブラッシュ,歯磨き粉、ケーキ)をあげた。今回のプレゼント総額は60,000,000VND=30万円で、そのうち子供基金の資金は20万円だった。この地域はNghe An県で一番貧乏なところで、毎年洪水の侵害を受けている。

- 学校と学生たちの感想:学生たちが寒い冬に厚着もらえて、とても感動で嬉しかった。学校の責任者も子供基金に対して深い感謝の意を表した。村長はわざわざとBETOAJIを迎えに来て下さった。現地の学生他にちとってBETOAJIからもらったプレゼントが精神的に大きな意味があり、継続して学校に通うように励んでしてくれる存在である。

- 現地の子供たちと学校の責任者の希望:現地で、貧乏だが勉強に熱心な学生たちがまだいっぱいいるので、もっと子供基金団体及びBETOAJIのようなチャリティ団体から支援を頂ければと学校の責任者が述べた。BETOAJIも機会があれば、この地域にもう一度戻りたい。

             2014年2月23日の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

  

BETOAJI – 人と人の分かち合い、人と人の愛のために生きる

 

 

 

 

 

 

 

Last modified on 火曜, 06 5月 2014 01:05
(0 votes)
無料歯科検診・治療
13 5月
2013
Written by:
Published in: 他のプロジェクト
608

4月の28日に、慈善団体BETOAJIはホーチミン市医科大学歯学部と協力して、ロンアン省にある小学校で、約150人の小学生を対象に無料の歯科治療をしました。医師団による治療は午前8時から午後2時まで、熱心に行われました。皆さん、お疲れ様でした。

Image Gallery

View the embedded image gallery online at:
http://betoaji.org/index.php/ja/purojekuto#sigProGalleriaa7c45996ca
Last modified on 金曜, 23 9月 2016 03:13
(1 Vote)

 BETOAJI奨学基金

Ⅰ.はじめに

BETOAJI(ベト味)は、非営利慈善組織で、主に次の二つの目的を持ち活動しています:(1)へとナムの文化を紹介することによって、各国の友達との交流を図ります;(2)ベトナムにいる貧しい子供たちに向けて、社会活動やチャリティ運動を実施します。現在、日本人向けのベトナム料理教室、ベトナム伝統文化の紹介クラスなどを開催しながら、法人や個人からの援助や寄付を呼びかけています。

チャリティ活動について、現在BETOAJIは「GiaDinhNho-TinhYeuLon」(小さな家族 - 大きな愛)というプロジェクトを通じて「ComCoThit(肉入りご飯=おかずがあるご飯の意味)」という恵まれない子供へ温かい食事や学習教材などを提供するチャリティープログラムを支援しています。その他に、BETOAJIは「学生対象の無料歯科検診と治療」、「農村部へ本の普及」などの社会活動も行っています。

さらに、社会活動の多様化や率先性を目指し、活動範囲の拡大を熱心に取り組んでいます。 この一環で、BETOAJIは遠い田舎または少数民族地域で暮らし、お金の余裕がない理由で学校へ行けないが、勉強熱心な小学生たちが奨学金を受けることによって通学ができ続けるようにサポートすることを目的として「BETOAJI 奨学基金」を設立しました。

エアスップ県の小学生は土足で学校に行きます

II.「BETOAJI 奨学基金」―活動の構成と内容

II.1 目的と対象
-「BETOAJI 奨学基金」は次の条件に当てはまる学生を対象に奨学金を給付します。
   ・小学生
   ・家族の経済状況に困難があります
   ・貧しい農村部または少数民族地域で暮らしています
- 選考基準
   ・家族の経済状況:次のいずれかに当てはめります
     +経済的困難な世帯
     +孤児
     +両親が病気であります
     +障害や深刻な病気を抱えています
- 学業の成績と行動の面:前学年度の評価が「良」以上
  応募者が多い場合、学業の成績の順で選考を行います。
II.2 今年度の奨学生の人数と奨学金の金額
-採用人数:50 名
-奨学金の金額:月額 120,000 VND、年間 1,440,000 VND
(600 円/月×12 ヶ月=7,200 円)
II.3 今年度の実施する地域
ベトナムの西高原地方のダクラク(Dak Lak)省のエアスップ(Easup)県の 10 村の小学校生徒を対象します。この地域はダクラクの地区遠隔で経済的困難な家族がまだ多いためです。民族構成は主にエーデ(Ede)、ジャライ(Giarai)です。
II.4 プロジェクトの経費
-現在、日本のいくつかの組織に、今年 9 月から BETOAJI に 50 人分の奨学金資金を給付することに合意してもらいます 。
II.3 プロジェクトの担当者
-BETOAJI 管理者がプロジェクト全体を担当します
-担当者:
+ ベトナム側の代表:Nguyen Thu Hong (グエン トゥ ホン)
+ 日本側の代表:Nguyen Thanh Binh(グエン タン ビン)
        Lam Dai Phong(ラム ダイ フォン)
        Nguyen Thi Thu (グエン テイ トゥ)
II.4 実施計画(予定)
-4~5 月:対象地域を調査して、生徒の個人情報をまとめリスト化する
現在 BETOAJI の調査チームは現地を訪問して、地方政府や教育部門と奨学金のことについて相談することを行いました。また,直接生徒の家庭を訪問することによって、50 人以上の生徒が BETOAJI 奨学金の受給に同意しました。奨学生採用生徒の名簿は別のファイルにまとめます
-6 月:日本国内の支援組織へ「BETOAJI 奨学基金」プロジェクトについての紹介を行う
-7~8 月:人材、組織と資金を調整し、プロジェクト全体の実行計画を立案する
-2013 年 9 月~2014 年 5 月:プロジェクト実行(奨学金の支給,支給後の状況確認など情報をまとめ報告などの補助的な活動を行う)。
-奨学金の支給方法:各小学校の校長先生が、奨学金支給対象者となった生徒各自に毎月奨学金を渡す。その際、生徒は受け取ったサインを記入する
-BETOAJI の現地ボランティアは定期的(3 カ月毎)に各小学校を回り訪問する
-奨学生と校長先生は BETOAJI に定期的(1-2 回/年)に手紙を送り報告する
-2014 年 5 月:プロジェクトのまとめ、評価を行い、今後の活動の展開を考慮

Media

Last modified on 土曜, 15 6月 2013 00:31
(1 Vote)
小さな家族・大きな愛
13 5月
2013
Written by:
1458

「ベトナムの北西の山岳地帯にいる貧乏な子供たちを支援する目的で、BETOAJIは“小さな家族―大きな愛”というプロジェクトを立ち上げました」

 トゥアチュア(TUA CHUA) 県はディエン ビェン(DIEN BIEN) 省の中、一番貧しいところで、その中にチュントゥ(TRUNG THU)とシンチャイ(SIN CHAI)は、最も貧しい村です。交通の便がとても悪く、天気のいい日なら国道6号線から車でチュントウへ約3~4時間、シンチャイへ約6も時間かかります。これらの村では、2つの幼稚園がありますが、実家が遠く日帰りはとても難しいので、子供たちは一週間学校に泊まらなければいけません。昼は国からの援助の給食を食べて、夕飯は親から持ち預かっている米で先生方々に作ってもらっています。夕飯といっても、ただ白いごはんに塩と森の野生野菜しかありません。

2013年3月からBETOAJIは「おかずありのご飯」(ベトナム語でCom Co Thitと書きます)という子供向けのチャリティープログラムを通じて、チュントウの幼稚園の子供41人を支援しています。しかし、残りのシンチャイ村と他の村の子供たちは、まだおかずのない食事、服や勉強に必要最低限の教材もない毎日を過ごしています。そこで、BETOAJIは“小さな家族―大きな愛”のプロジェクトをはじめました。このプロジェクトはボランティア者が毎月500円の支援で一人の子供の里親になり、自分の小さな家族のようなものです。小さな家族ですけれど、偉大な愛で子供たちを支えてあげてます。

1ヵ月たった500円または120,000VNDで、あなたもBETOAJIと一緒に子供たちを支援してみませんか。子供たちの笑顔で、私たちBETOAJIが幸せな大家族になりましょう。

プロジェクトの内容
-里親:BETOAJIのボランティアや他のドナーです。
-里子:チュントゥ(TRUNG THU) , シンチャイ(SIN CHAI)幼稚園や、ベトナムにおける 「おかずありのご飯」というプロジェクトの中にある ディエン ビェン(DIEN BIEN) 省のトゥアチュア(TUA CHUA) 県の他村の子どもたちです。
-サポート方法: 里親の方は、一人里子に1か月当たり500円(または120,000 VND)で少なくとも12ヶ月間でサポートすることを約束し、2013年4月からスタートします。それぞれの里親様に対して、受けられる里子の数が無制限です。

「おかずありのご飯」のプログラムとBETOAJIは、子どもたちと里親の架け橋になり、子どもに関する情報を提供します。 BETOAJIは毎年6月ごろにBETOAJIファミリーパーティーを開催し、お互いに交流できるように努力しています。さらに、里親が子供を直接訪問できるようにも計画しています。。
"小さな家族 - 大きな愛"という宣伝で、たくさんの愛で多くの子供たちが幸せになるように祈っている。
http://statictab.com/cm6v5krにすぐ登録できる。

詳細の情報については、ウェブサイトやFacebookにアクセスしてください。
http://betoaji.org

https://www.facebook.com/betoaji

Media

Last modified on 土曜, 29 6月 2013 23:35